2010年09月13日

安全地帯コンサート

記憶がうろ覚えの所もありますが、全部忘れないうちに備忘録。
思い出したらちょこちょこ訂正するかも知れません。

今日は、安全地帯のコンサートに行ってきました。
私は小学生の頃に好きだったのですが、たまたま見た番組での歌が素晴らしかったので、チケットを入手。
周りのお客さんは年配の方も沢山でした。車いすで見に来ている人も数人見かけました。
みんなグッズやCDなどを見ながら開演を待っていましたが、2万円を超えるCD-BOXも売っていて驚きました。

私はこれを購入

安全地帯XI☆STARTS☆またね・・・。(初回限定盤)(DVD付)

新品価格
¥3,080から
(2010/9/13 13:24時点)




アンプラグド・ライヴ! [DVD]

新品価格
¥3,511から
(2010/9/13 13:26時点)




新譜アルバム買った人にはコンサート限定のCDがおまけでついていました。
グッズよりCDコーナーの方が人が多かった印象。


スタートは、幕に「安全地帯」の文字が浮かび上がり、メンバー登場。前奏の途中で玉置浩二さん(以下敬称略)が登場したのですが、不機嫌そうなのか演出か分からなかったけど、3回ほど前奏のやり直しがありました。
そしてピックを幾つか投げつけながら、「じれったい」を歌い終わり、次は「熱視線」。
ノリノリで聴くような曲だったのですが、途中でお客さんが異変に気づいたのか手拍子が止む。そして、2番はお客さんにマイクを向けたりしていたのですが、最後のほうで演奏が止まり玉置浩二退場。
変わりに舞台監督が出てきて、「開幕時の演出の不手際があり中断しました」のようなコメントがあり、メンバー全員退場。

その後しばらくして、メンバーが椅子を持って登場。観客みんな立って、大きな拍手で迎える。
玉置さんより「まあ、みんな座って」「全部うまく行けば俺も気持ちいいし、みんなも気持ちいいんだよね。うまく行かないこと一杯あるよね・・・」や「結婚を何度もしたけど・・・」「お金は返さないよ(冗談ぽく。観客からも笑い)ちゃんとやるからね」などなど多数のトークがあり、アンプラグドでの再スタート。

「ワインレッドの心」「恋の予感」「碧い瞳のエリス」「Friend」を歌う。玉置氏の歌が演奏と外れてどんどん速くなる所も何度か見られたのですが、即座に4人でリズムを合わせる処が凄いな。さすがプロと思いました。

「夏の終わりのハーモニー」では途中から、観客に一緒に歌って〜、となり、玉置氏の指示で客席が明るくなる。
そして、韓国人俳優のパクヨンハさんについて触れ、彼に捧げる歌として「To me」「ほほえみ」を歌う。この2曲は気持ちが入った熱唱で心に響きました。
その後の玉置氏は、舞台の前のほうに胡坐をかいて座り、スタッフにマイクを持ってもらいながら「かあさんの歌(かあさんが夜なべをして〜の歌)」と「あの頃へ」を歌いました。
曲の終了後、立ち上がるときによろめいて転び、スタッフに抱えられながら退場。



玉置浩二は白い服に着替え、客席左前方より登場。
スタッフ3人ほどに支えられながら客席中央を通り、ステージへ向かう。私から1m位のところも通ってビックリ。
客席前方で白いマフラーをお客さんへ渡し、ジャケットを脱ぎながら登壇。
腕を見せながら「これは石原真理子とタトゥーを入れたんだよ。消したけど」「人生色々あんだよ。でも生きなきゃ」のようなトーク。

〜このあたりの記憶があやふや〜

たぶん2曲ほど歌った後、中断し前方のお客さんと何故か、もめ始める。
「お前誰なんだよ」「こっち(舞台)に上がって来いよ」「俺は52なんだよお前は何歳だ」「俺の昔からのファンだって言うけど〜」など口論。
スタッフ止めに入ったが、口論続く。マイク切られる。
客席から罵声が色々。帰り始める人もちらほら。
「帰りたきゃ帰れ」「でも俺は帰らないよ」などなど。客席からの声に反応し、色々暴言をはき始める。
「(玉置氏)チケット代幾らか?」「(観客)7800円」「7800円位大したことないんだよ」などなど。
「俺はもう体がボロボロなんだよ。」「明日死んでも良いと思ってるんだよ」「俺は帰らないよ」

そして、私の少し横の方にいたお客さんが「(たぶん1番はじめに絡まれた)お客さん玉置さんに謝ってよ〜」と訳の分からないことを何回も叫び、他観客よりブーイング。
更に観客帰り始める。

玉置氏の「俺はちゃんとやってんだよ。お前らは聞いてるだけだろ」的な話に反応した後方の男性のお客さんより、「金もらって歌ってるんだろ。ちゃんとしろ」との野次。
それを聞いた玉置氏がまた「お前こっちに上がってこい」
男性はステージ前方へ向かっていったが、途中でスタッフに止められていた。
この間にも客は帰り続ける。私の前も後ろもいなくなった。
聞こえた色々な声は、「幻滅した」「帰れ」「歌って」などなど男女問わず上がっていました。

そんなこんなで恐らく30分以上続き、パッと見たらステージより他のメンバーがいなくなっていました。
その後、ようやく歌う気になったようで、「俺のソロと安全地帯どっちが聞きたい?」と質問。会場より「安全地帯〜」との声。
玉置氏拒否し、「何で?」。会場より「安全地帯復活だろ?」の野次。
玉置氏「復活?んなわけねーだろ。色々あるんだよ」

「俺の歌で良いな?」でステージ再開。
ステージ上には玉置氏の他に、ギターの武沢さん、ドラムの田中さん、サポートのキーボードの人のみ。
「田園」「メロディ」などソロ曲を数曲歌う。歌詞が出てこず中途半端な感じのところも。

そして、玉置氏「安全地帯の曲もやるか?」。観客拍手 
玉置氏「でも俺はいないから。お前ら歌詞知ってるだろうからお前らで歌え。」「俺はもう限界なんだ」などなど言いながら退場。
もう終了かな?と思っていたら、2分後くらいに玉置氏一人で戻ってきて、「メンバーいねえんだよ」など。


ふと昔友達が行ったOASISのコンサートでボーカルが帰ってしまい、兄弟が代わりに歌っていたという話を思い出しました。


〜このあたりも記憶があやふや〜

「そろそろオシッコしたいだろ?」「1時間40分位で行きたくなるよな〜」「行って来て良いよ」「俺待ってるから」
「帰りたい人はそのまま帰ってもいいよ」
しばらく待つのかなと思いきや、ちょっとしたら数曲歌い始めました。
ベース六土さんとドラム田中さん戻ってくる。

「何歌ってほしい?」「それはさっき歌っただろ〜」など
リクエストに応じて何曲か歌おうとしたけど、歌詞が出ずに中断した気がします。


そして玉置氏「第一部のスゲーの見たいか?」 観客拍手
「やるか?」「幕下ろせ」。スタッフ登場して何か耳打ち。メンバー退場。

しばらく待って、再度オープニング。
「じれったい」で玉置氏登場。1回目と違って、初めからステージに立っていました。若干違う演出なのかな?
しかし、よく見るとステージにはメンバーが足りない。
2曲目「熱視線」間奏の所でギターが鳴らず、ギター矢萩さんがいないことに玉置氏気づき、歌うのを中断。
「矢萩〜 カルロス(サポートパーカッションの人)〜 呼んで来い」と言い続ける。

舞台演出の人を呼び何で来ないか聞いている様子。
「いなくなっちゃったって?」「会場にいないみたい」「バカ」など言い続けグダグダに。

再開しようとした時に、玉置氏前に出ようとして1度ふら付き、2度目のふら付きと同時に後方にバタンと倒れる!
しばらく動かず会場騒然。
スタッフが駆け寄り、おそらく2分ほどそのまま横たわる玉置氏。
そしてよろめきながら立ち上がり、椅子に腰掛け「この曲で最後でいいか?」と言い、「悲しみにさよなら」を歌う。
倒れた拍子でギターの弦が狂ったようで、スタッフを呼び交換。そのギターを武沢さんに渡して弾いてもらっていました。
その場にいたメンバーは前に出てきてました。

それにて終演。 ベース六土さんは手を合わせてお辞儀をし、前列の人に端から端まで握手をしながら退場していきました。
それと同時にキョードー西日本の偉い人?が登場。
「今日は安全地帯の通常のライブでは無かったため〜」と、返金についての案内がありました。

F1000515.JPG
出口ではお詫びと払い戻しのビラを渡されました。
明日の熊本ライブについても未定の様。この様子だと、おそらく中止になりそうですね。


文章が少し変ですが、覚えてる事を急いでアップしました。
なんともコメントに困りますが、今日はスタートから緊張の走るコンサートで、かつてないスリルを味わったような気がします。
始まる時はワクワクしましたが、徐々に覚めてしまって、途中からは最後までとりあえず見届けるつもりで観察してた・・

客席が長い時間明るかったり、裏方の人が何度も出てくるのも初めて。
曲数も書いてみると多い気がするけど、実際は中断とか途中までとかばかりだったので、フルで歌ったのはあまり無かった。

ちゃんとした素敵なライブを聴きたかったなぁ。


時系列でどの時点か覚えていないけど、
・水を渡そうとするスタッフを振りほどく
・社長をステージに呼び、「こいつ昔付き人だったんだよ〜。いまは社長。」
・壇上から飛び降り、前列右側の女性(ずっと揉めていた人なのかな?)と肩を組んで歌っていた。
・観客の女性と抱擁
・お客さんと揉めてる最中だったと思うけど、前列の人が「誕生日おめでとう」のタオルか布を掲げて、玉置氏が「明日なんだよ(にっこり)」
・歩き回る時も何だかキツそうで、ギックリ腰の人の歩き方みたいだった。

っていう場面もありました。
曲順や場面など混乱してる所もあると思いますので、覚えている方がいらっしゃいましたら、補足・訂正してください。
posted by mina at 00:49| 福岡 ☔| Comment(32) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
福岡行ったものです
記事には当日の様子がよくまとめられていますね。

あの惨劇を思い出しつつも、思い出したくない心境です(苦笑)。

玉置さん、安全地帯色々と心配ですね。
Posted by あ at 2010年09月13日 02:43
私も昨日主人と行きました。まさに書かれているとおりでしたね...(涙)情景(悪夢)が目に浮かびます。
最初からみんな様子見な感じでしたよね。私は初めの玉置さんがピックを投げつけたとこで、やっぱりか?・・・と思いました。私の隣は小学生の女の子!とそのお母さん県外からわざわざ来たとのこと。余りにもCDと違うので女の子は「帰りたい」と言ってました。お母さんも可哀想でした。後ろの席には妊婦さん・・・こちらも辛そうでした。主人は「もうこうなったらこっちもなんでもあり」とか言って携帯で撮ってました(いかんやろ!!)前列の方と言い合いになってた時、近くの方は失神(?)してスタッフの方が連れ出してました。(頭と足を持って)主人はずっと双眼鏡で見てたのですが、最初矢萩さんにピック投げた!と。(ホントかな?)矢萩さんは玉置さんの自分勝手な歌い方に随分我慢してギターあわせていたらしいです。でもそれにも限界がある歌いようだったので演奏も止めてる時もあったとのこと。そりゃボイコットするわ!!と。またドラムの田中にも怒ってましたね。あと玉置さんが白い衣装着て客席をスタッフに支えられて歩いていた時、私たちは玉置さんにタッチしたのですがもうフラフラ意識朦朧としてて、あの後もステージに居ただけでも奇跡のようです。(でもお酒臭くはなかったです。)
また他の人(スタッフ)の言うことを聞くことは無い状態でしたね。今日の熊本のコンサート無事に終わることを祈ります。
そして玉置さんどちらにしろ早く病院に行ったほうがよいです。

昨日が玉置さんを見る最後かもと思い主人と最後まで客席に居ました。
長々とすみません・・・。
Posted by かき at 2010年09月13日 17:20
何度も申し訳ありません。
コメント掲載ありがとうございます。
ドラムの田中さんのくだりで、田中と敬称を略して入力ミスしておりました。田中さんと訂正させてください。田中さんは大変玉置さんに気を使っているように見受けました。
Posted by かき at 2010年09月13日 20:19
いやーロックンロールですね!
Posted by 山田 at 2010年09月13日 20:42
壮絶な現場だったようですね(^_^;)
お疲れさまです
Posted by 角煮 at 2010年09月13日 21:23
テレビぶろその表紙は玉置さんだそうです。
Posted by たなぱん at 2010年09月13日 22:16
たしかに辛いステージでしたね。でも、彼の歌、安全地帯の歌には思い出を引き出してくれるものや、私が辛い時に助けてもらったりしたものが多くあります。彼らのおかげで今まで生き延びてこられたように思える事もたくさんあります。おそらく、今回の件でツアー後に契約上の問題やバンドの存続に関する問題が生じる事でしょうが、再び彼らのサウンドを生で聴ける事を信じて待ちます。
Posted by dora at 2010年09月13日 22:27
あ さん

こんばんは。
心臓に悪いコンサートでしたね・・・
福岡でもう一度、ちゃんと完成したものを見せてほしいです。
Posted by mina at 2010年09月13日 23:41
>かきさん

こんばんは。
お子さん連れや妊婦の方にはとても可哀想なライブになってしまいましたね・・・
CDとは明らかに違いましたね。がなり声や変な歌い方が多くて、何の歌だったか思い出すのに時間が掛かりました。

倒れた方もいたとは!
1階後方寄りだったので、スタッフの人が向かって行ったのは見えたのですが、ステージに上がるのを制止しているのかと思っていました。

歩いてる時もフラフラで怖かったですね。
まっすぐ立ててなかったし・・

せっかくの復活コンサートだったのに、台無しになって本当に残念です。
Posted by mina at 2010年09月13日 23:48
>山田さん

ロックと言えばロックなのかも?でも、歌っている場面がとても少なくロック"コンサート"では無かった気がします。


>角煮さん

本当壮絶でした・・
今後のライブのチケット持ってる人はドキドキですね。


>たなぱんさん
TVBrosですか?誕生日に合わせての表紙なのでしょうね。本屋にあれば見てみようかな。

>doraさん
また生できちんと聴ける日が来ますように・・ バンドの今後が心配です。
Posted by mina at 2010年09月13日 23:53
 こんにちは、初めまして。ツイッター経由で辿り着き、記事を読ませて頂きました。

 個人的に今回の(もう何度目かの)安全地帯の復活を嬉しく思い、YouTubeにも弾き語りをアップしたりして(笑)喜んでいたところに今回のこの事件で、とっても内容が気になっていたんですが、詳細なレポートで知ることができました。ありがとうございます。

 で、読んだ感想なのですが、玉置さんはたぶん根はとてもやさしい人なんでしょうね。というか、ピュアがゆえにあの才能なんでしょうし、でも大人になりきれてないがゆえのこれまでのトラブル続き…ということなのかなと。

 そして、今回の『復活』で、ようやくそういうモロモロも一段落付けるような心機一転を迎えて……と、期待していただけに、ボクも安全地帯の楽曲が好きなだけに、とても残念に思います。

 すいません、長々と書いてしましましたが、とにもかくにも、詳細なレポートありがとうございました…と、御礼を伝えたかったのです。とても読みやすかったです ^^
Posted by ishiyamania at 2010年09月14日 01:10
ooh-すごいライブですねー
玉置さん 石原さんとの結婚まだひきずっているんですねーあまえたでわがままなどうしようもない男ですがその繊細な甘ったれ根性が彼の音楽を作っているのですからいいところと悪いところと裏表。。いやはや。。
けれど貴重なライブを見れましたね。。
玉置さんにとっては人生 最高そうにみえて最低なときなんですよねー
彼の女の人への扱いの悪さの報いをうけているのかもしれませんね。。
まープロとしてはあるまじき事だとはおもいますが。。もう少し自分の結婚や女性関係のことを静かに内省してそのエネルギーで天才 玉置を復活させて音楽へと昇華させてほしい。。
ファンはみなそう思っているんじゃないでしょうか。。
Posted by 山本梨華 at 2010年09月14日 08:13
9月7日の大阪公演でも奇行公演でした。
一曲目が終わる頃後ろに下がり、ノリが悪かったのかSPと打合せ後観客席に降りて来て
歌う。我々観客側は間近で見れて良かったのですが、その後舞台に戻り我々から見て左側の女性と抱擁接吻。足を押さえだして、スタッフに椅子を要求。メンバ-4人と座りながら
スロ-な曲を歌うもメンバ-に強制的に歌わせる。何かカラオケ状態。その後突然左側に消えた玉置さんが金髪の青田典子を紹介。そちら側は先程他の女性と抱擁接吻してたほうやでと思いながら4曲位歌った後4曲残しで突然閉幕。アンコ-ルコ-ルやるも本日の公演は終わりと言うアナウンス。歌いかたの殆どがシャウト型で非常に聞きずらかったです。
Posted by 太田 勝己 at 2010年09月14日 09:32
minaさん はじめまして。
本当にいろんな意味で心動かされるコンサートでしたね。

私も11月出産予定の家内と2人での最後の思い出作りにと2日間の旅行の最後に家内が小さい頃から好きだった安全地帯のコンサートを選んで会場入りしました。
(勿論大阪公演の事は聞いていたので内心ドキドキしながら…)

『じれったい』のイントロで私と家内のテンションも一気に最高潮に達しました…が。
あら?あれ?んん?何これ?と次第にテンションが急降下していき、監督スタッフだけならまだしも観客に絡みはじめた時には家内も(怖いよ)と言い始めましたので、もう出ようと言って退室しました。

ただminaさんも書いての通り、パクヨンハさんに捧げて歌った「To me」「ほほえみ」や「碧い瞳のエリス」「Friend」はあまりの感動に涙したし、心がぶんぶん揺さぶられました。
ホール入口の廊下にはスタッフにもの凄い剣幕で文句を言ってる人、男性のひざで泣いてる女性や会場の外でも電話しながら泣いている年配の方いろんな方がいましたね。

不完全燃焼で何とも後味が微妙な旅行にはなってしまったけれど、それはそれで経験だよね!と話してカラオケパーティーではなく、定食屋でしみじみコロッケとうどんを食べて帰りました。

他にもファンのあり方など書きたいことはいろいろとありますがあまり長々と書くのも失礼ですのでこの辺で。
minaさん突然の訪問失礼しました。


Posted by takakomaru at 2010年09月14日 11:33
はじめまして。
事後報告になりますが、エントリーにリンクさせていただきました。
http://kingo-web.com/2010/09/post-326.php
好きなアーティストのコンサートは、ある意味一大イベントでもると思うのですが、それがレポートのとおりの内容じゃ....
俺には、このコンサートに行っておられたファンの方々のガッカリ度は計り知れませんが、それでも玉置氏、安全地帯を優しく見守っていきますよ・・・的なエントリーの内容に救われました。
Posted by Kingo at 2010年09月14日 12:27
機嫌か体調か薬か酒か?

そのどれが原因にしろ、プロである以上仕事を放棄したわけで、もうしひらきはできないかと。おまけに客に絡むとは。一般世間の常識で考えれば追放でしょうね。話になら無い。でも、この世界の方達にとってはなんてこと無いのでしょう。同情すべきは、一に当日のお客さん、ニにメンバーだろうね。良い迷惑だ。
Posted by 危険地帯 at 2010年09月14日 14:56
はじめまして、コメント失礼致します。

私は9日の香川公演に行っていました。
若干ろれつが回っていない、パフォーマンスが奇行気味、という不安点はありましたが、大きな問題もなく終わりました。
調子が回復していたときだったのでしょうか…
メンバーがとても玉置さんを気遣っているイメージでした。

私は玉置さんよりも安全地帯(とくに六ちゃん)ファンなので、このようなコンサートに立ち会ったら泣いてしまうかも。。。
ファンをやめたいとか、そういうことは一切思いませんけども、純粋に音楽だけで評価される日が来ますように…

ちょっと余談&不謹慎ですが、六ちゃんのお辞儀&握手は、見たかったです。
あまり前に出ることのない方なので。
Posted by 24歳の安地ファン at 2010年09月14日 15:39
はじめまして。私も事後報告になりますが、
リンクさせてもらいました。

ライブって、もう数ヶ月前からチケット無くさないように・・とか、ずっと楽しみにまっているんですよね。

minaさんのあたたかい気持ちが彼に届けばいいなと思います。

Posted by もっちゃん at 2010年09月14日 22:19
私は、8/31の函館でのライブに行きました。その時はとてももりあがって楽しく見てきました、アンコールの声もあがっていたんですがでてきてはくれなかったです。このニュースを知った時は、結構ショックでした…玉置さんにいったいなにが起きたのかな…?
Posted by しっちゃん at 2010年09月15日 00:36
香港在住の者です。
レポートじっくりと読まさせていただきました。
ありがとうございました。

9月25日の香港公演を、幼い頃から彼らのファンである
香港人の彼と何ヶ月も楽しみに待っていました。
私たちにどのような姿を見せてくれるのでしょう。
Posted by まあたん at 2010年09月15日 00:46
>いやーロックンロールですね!

こんな恥ずかしいことほざく奴まだおるのかw
Posted by ひょうろく玉 at 2010年09月15日 08:31
はじめまして。

私も友達と(共に45歳)12日の福岡サンパレスに行き、いまだにショックから抜け切れずにいます。

安全地帯のデビュー当時からのファンで
今まで何十回とコンサートに行き
今回も大阪の件で多少の不安もありましたが久々の安全地帯を見れるとワクワクして出かけましたがあんな酷いライブになろうとは・・・
 
今思い出してもあまりの醜態にアコースティックライブの
「Friend」までや客席が明るくなった「夏の終わりのハーモニー」は覚えていますが、
それから先は断片的にしか記憶がありません。

それはたぶん私の席は1階の一番後ろの中央で
客席左手から玉置さんがスタッフに抱きかかえられながら歩く姿を1メートルもない距離で
見た衝撃が大き過ぎたからだと思います。

帰宅してから逆の意味で興奮して眠れず
月曜日は熊本のコンサートがずっと気になり
昨日の朝は報道で無事に終えた事を知り安堵するのもつかの間、玉置さんの(TV特ダネ)生電話の「ライブは生もの。俺はスーパーマーケットじゃないから毎日同じことは出来ないの!」の発言に落胆しました。

人間だからそうかもしれないけど「だからってあの醜態はないだろ〜!」と。

「7800円くらいで怒るな」と言った事も
本人は覚えてない?みたいな報道もあったし
昼のワイドショーのキャスターは「スーパーマーケットも毎日品物が変わりますしね」で軽くしめてたし・・・やっぱりあの場にいた人しかわからないんだろうなと思います。

熊本は最高のライブだったみたいで良かったと思いつつお客さんの満足そうな顔を見ると逆に腹立たしい気がしたりとこの2,3日は 
私の心はジェットコースターです。

グダグタとすみません。
こちらに書き込むことで自分の気持ちを落ち着かせたいのかもしれません。
失礼しました(>_<)
Posted by みか at 2010年09月15日 09:10
初めまして。

とても詳細なレポートを書いてくださり、心から感謝します。

僕は、名古屋公演に行ったのですが、とても楽しく最高だったので、ただただ驚くばかりでした。

しかし、翌日には復活されていたようでひと安心です。

ありがとうございました!
Posted by 日本晴れ♪多つや at 2010年09月15日 19:27
「ライブは生もの。俺はスーパーマーケットじゃないから毎日同じことは出来ないの!」玉置氏にはこう言ってやりたい。大馬鹿者!!!お客さまに最大限喜んで頂けるように努力するものだろうが!!スーパーだって毎日、刻々と品揃えは変わってるんだよ。セットリストを自分のやりたい・やりやすいように変更するのは結構だが、まともなステージングが出来ないなら「閉店」「休業」するべき!(ファンの皆様、言葉遣いに気分を害されたなら申し訳ありませんm(__)m)
Posted by @@@ at 2010年09月15日 19:57
初めまして。福岡ライブに行ったものです。

私もみかさんが書かれた内容と
ほぼ同じ気持ちです。

あの晩、ショックで眠れませんでした。
そしてまだ引きずってます。

本当、、あの晩、あの場所で、あの出来事を
目の当たりにした人にしか
この気持ちはわからないと思います。

強い怒りと悲しみの中にいます。

ライブ後の玉置さんのインタビュー記事を
読んだら、怒りが倍増しました。


ふざけるな。(本気です)


お金は返ってくるかもしれませんが、
心に大きな傷が残りました。


minaさん、
「楽しいこと探し」というブログに
不釣合いなメッセージでごめんなさい。。
でも同じ気持ちでいる方がいるとわかって
少し気持ちが落ち着きました。。
ありがとうございます。
Posted by ミッドフォー at 2010年09月15日 20:26
初めまして。私も福岡ライブにいました。
20年前は私もファンクラブに入っていて、
そりゃサンパレスの前列の方で発狂していた一人です。

その後、ずいぶんおとなしいライブになっていたので
足も遠のいていましたが、今回、随分期待に胸を膨らませていました。

最初からおかしかったですよね。
出だしのトラブルなんて、ただの八つ当たりだと思います。
何度も「何様のつもりだー」ってメンバーやスタッフに叫んでいましたが
いや、あんたが何様のつもりだよ。。
と思ってみていました。

客席に、お前らの求めるクオリティーは高すぎるんだよ
と泣き言も言ってましたもんね。。

それでも、やっぱし嫌いにはなれない自分がいて
私も最後まで見届けるつもりで事の顛末を見守った一人です。

まぁ、払い戻しもあるし、玉ちゃん劇場を見たつもりでよしとします。

どっちかといえば、大阪2日目のお客さんの方が気の毒かなぁ。。
まともに歌ってないわ、時間も短いわ、返金もないわですもんね。

福岡でも、歌いたい気持ちは伝わってきましたけど
体力、のど、気力ともにぼろぼろだったように見えます。

やはり万全のステージが見せられない以上は、中止にする
決断力と勇気も必要だと思います。
プロなんですからね。

はぁ。。玉ちゃんの歌聞きたかったなぁ。。
Posted by yoko at 2010年09月16日 11:43
こりゃ、青田との別れも又早いでしょうね・・・
Posted by ゆっき at 2010年09月16日 22:34
ほんとにあなたの言うとおりだと思いました。僕も福岡行きましたが、確かにメンバーやスタッフを何度も怒鳴っていて、観ているコチラが気分悪くなりました。
Posted by 祥ちゃん at 2010年09月16日 22:35
私もいまだに引きずっています。うたが好きで主人がコンサート自体に行った事がなかったので結婚15年目で思い切って出かけました。中学生と保育園の子供を親に預けて。あまりのひどさに主人は次の日は会社を休みました。私も仕事しながらでもいつまでも心に残ってるんですよ。ずっと…。いったい私達が何したんだろ。熊本宮崎よかったですね。
Posted by 裕子 at 2010年09月16日 23:25
傍若無人な態度を取った、玉置はプロとして失格ですね。多分、薬をやってるんでしょうね。
Posted by やんなっちゃうな at 2010年09月17日 15:21
みんなで、福岡もう一回やって。ってお願いしたら来るかいな。
Posted by 黒ちゃん at 2010年09月18日 19:00
深夜のCMで10月5,6のチケット絶賛発売中って。。
今日明日やん!!
うれてないのかなぁ
Posted by たまにきず at 2010年10月05日 04:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック